#サイトタイトル#

パーツ

アトピー改善手探りの日々

私は小さい時、アトピーでした。ひじやひざの裏側、脇の部分がとにかくかゆい。かきむしっては治る、そんな状態でしたが大人になるといつのまにか治っていきました。

アトピー自体の存在を忘れていたそんな私でしたが、30代に入り顔がかゆくなってきました。なんでだろう?そう思って皮膚科に行くと、どうやらアトピーが再発している模様。ステロイド剤とプロトピックという軟膏を出され、それを塗っていましたが治ってはまたぶり返す。ステロイド剤は副作用もあると聞きますし、何度もぶり返すことにも嫌気がさしていたところ、会社の先輩に漢方薬をすすめられました。

その先生はステロイド反対派で、ステロイドを塗るくらいならうちの病院に来ないで下さいという方針でした。一度かゆさのあまりステロイドを塗っていたのがたまたまバレてしまい、怒られて行きたくなくなりましたが、またステロイドの生活に戻るのもいやで先生を信じてやってみようとステロイドを塗るのをやめました。

そうするとその反動か、しばらく長い間顔が乾燥するし痛いしで化粧もできませんでした。でもだんだんだんだん良くなり、いつのまにか肌に潤いが戻り、あれだけ何度ステロイドを塗っておさまってもまたぶり返していたかゆみがすっかりなくなりました。それから漢方をずっと飲み続け、また「私ってアトピーだったっけかな」と思える生活に戻りました。

その状態も結婚、転居と同時にまた元に戻りました。アトピーは水に関係するといいますが、他県に嫁いだ私は嫁ぎ先の水が合わなかったようです。徐々にまたかゆみが出てきて、特に目がかゆみのせいで腫れてしまいました。それでもステロイドを塗るのが嫌で漢方のみでやり過ごそうと思いましたが、どうしても治らずまたステロイドを塗り始める日々・・。

漢方薬は続けているものの、それ以上に環境の変化や水があわないのかかゆみと乾燥が今でもおさまりません。現在も状況は変わりませんが、できるだけアトピーをおさえるように自分なりに調べています。例えば水道水には塩素が含まれているため浄水器を使ったり、塩素をおさえるにはクエン酸がいいとネットに乗っていたので風呂に入れたりしています。市販の化粧品では乾燥をカバーしきれないので、最近は保湿効果が高いというソンバーユ(馬油)を使っています。人によっても効果は千差万別なので、私の方法が皆さんにもいいとは限りませんが、前より少しかゆみがましになったので、皆さんのアトピー対策の参考になれば幸いです。



パーツ